回転寿司チェーン業界をざっくり解説|店舗数、各社の売りや特徴は?

回転寿司業界ざっくり解説記事のアイキャッチ

お高い食べ物のイメージのお寿司も回転させたら、あら不思議。

たちまち親しみやすい外食店舗に早変わり。

この記事では、回転寿司チェーン業界についてざっくり解説します。

スシロー

スシローのまぐろ
スシローのまぐろ|公式サイトより

まずは、スシローからいってみましょう。

2019年3月時点で国内518店舗。 今回調べた中では、最多の店舗展開です。

特別奇抜なサイドメニュー展開や、低価格戦略といった差別化を行っているわけではありませんが、支持されるのは寿司へのこだわりといったところでしょうか。

アプリを生かした独自のまいどポイント制度を展開し、混戦模様の回転寿司業界で、頭一つ抜け出せるでしょうか。

はま寿司

はま寿司の焼きとろサーモン
はま寿司の焼きとろサーモン|公式サイトより

外食ナンバーワン企業、ゼンショーホールディングスの回転寿司ブランドがはま寿司。

2019年3月時点で国内501店舗。はま寿司は一皿100円(税抜)が相場の回転寿司業界の中で、平日は一部店舗を除いて一皿90円(税抜)と低価格展開が特徴。企業体力を生かした戦略で、節約志向の消費者を取り込んでいます。

コスパ重視なら平日のはま寿司といえるのではないでしょうか。

くら寿司

くら寿司の味付いくら
くら寿司の味付いくら|公式サイトより

続いて、もはや回転寿司の枠を超えつつある、くら寿司です。

2019年2月時点で国内428店舗。くら寿司はとにかくサイドメニューへの力の入れ具合が尋常ではありません。牛丼、うな丼、シャリカレー。ついには、KURA BUGERとしてハンバーガーまで登場してきました。くら寿司はどこへ向かおうとしているのでしょうかw

また、全ての食材で化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料をしないことや、独自開発の寿司カバーで鮮度や衛生面を守る、など食の安全・安心への配慮も万全です。

かっぱ寿司

かっぱ寿司のかっぱ巻き
かっぱ寿司のかっぱ巻き|公式サイトより

かっぱ寿司は、外食グループコロワイド傘下。

2019年3月時点で国内328店舗。 かつては回転寿司といえばかっぱ寿司という勢いがありましたが、近年は経営に苦しんでいる状況です。

それでも、食べ放題制度の導入や、一部店舗で一貫50円(税抜)提供を試みるなどして多様なニーズにきめ細かく応え、再起を図ります。

おわりに

回転寿司チェーンについてざっくり解説しました。

公式サイトと店舗検索のリンクをつけてありますので、ぜひ商品を見て食べたくなったら、お店を調べて行っちゃってくださいな。

各社とも待ち時間を解消すべく、アプリなどによる予約サービスに力を入れています。お得なキャンペーン情報なども入手できますので、確認の上いってらっしゃいませ!

それでは。